日用品メーカー向け転職エージェントランキング

日用品メーカーへの転職をお考えなら

花王やライオンなど日用品を幅広く扱う企業は国内にたくさんあります。また生活に必要なものなので景気に大きく左右されることがない業態も特徴でしょう。そういった面から転職に人気の業種と言えます。

これから日用品メーカーに転職をお考えなら、まずは転職エージェントに登録してみましょう。DODAエージェントサービスには多くの日用品メーカーの非公開求人が寄せられていますので、自分の条件似合った転職先もきっと見つかりますよ。

日用品メーカーの求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
DODAはパーソルキャリアという総合人材サービスの大手企業が運営している転職エージェントのことです。業界でもトップクラスの求人数を誇り、15万件を超える求人数を誇ります。その中には日用品メーカーの案件も多数抱えているので、より自分が求める条件に近い職場を見つけられるでしょう。スカウトサービスがありますので、自分で転職活動しなくても企業からのオファーを待つなど様々な転職活動のスタイルをとることが可能です。

リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートエージェントは文字通り、リクルートの運営している転職エージェントになります。DODAと同じく求人数の多さが魅力で、15万件を超える求人を常時取り扱っています。業界最大手ということもあって、各業種とのパイプも太いものがあります。日用品メーカーに転職を希望するのであれば、その業種の専門家のキャリアアドバイザーをつけてくれます。ですから業界の実情に沿った、転職アドバイスが受けられます。

マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビは転職や就職では有名な会社で、各業界の企業と強いコネクションを持っているのが魅力です。日用品メーカーの募集も多数抱えていて、全求人の8割近くが独自で集めた非公開求人と言われているほどです。Womanwillと言って、女性キャリアコンサルタントが転職を希望する女性のサポートをしてくれるサービスなどもあり、自分に合ったサービスを受けられるのも魅力といえます。

日用品メーカーの転職事情は?

日用品は私たちの生活に密着にかかわる製品ですから、日用品メーカーの業績は景気動向にあまり関係なく安定して推移する傾向が見られます。このため、日用品メーカーの求人情報などを見てみると比較的いつでもどこかのメーカーが募集を出しています。日用品メーカーに転職したいと思っているのであれば、まずは関連する情報収集をしてみると良いかもしれません。

日用品メーカーに転職するにあたって、近ごろの傾向としてクリエイティブな発想のできる人、積極的に自分で考えて行動できる人が求められるところがあります。日本人のライフスタイルが多様化しているので、日用品に対する考え方も広がりを見せています。従来通りのシンプルな日用品を求める人もいれば、生活の質をアップさせられるようなプラスアルファの指向性の高い商品を求める人もいます。このように多様化するニーズをとらえて、いかに多くの人々に愛されるような商品を製作できるかにかかっています。そのためには、自分でどのような商品を作れば客のニーズにこたえられるか考えて行動できるような人材が求められます。日常生活の利便性を向上させ、より快適な暮らしにするためにはどうすれば良いのかを考えて仕事ができる人間であることを転職活動する際にはどんどんアピールした方が良いでしょう。

日用品と言われると、単価の安い商品が多いです。しかし医薬品や化粧品を除いたマーケットの規模は2兆円程度あります。これは取り扱っている商品がいわゆる消耗品なので、どの消費者も定期的に購入する必要があるからです。新商品の開発競争もメーカー間で熾烈を極めているので、日用品業界のマーケットの規模は年々広がりを見せているといいます。

日用品の場合、季節や地域によっても求められる商品が異なります。たとえば春先は防虫剤や制汗剤、夏になると除湿剤や殺虫剤、秋口にはリップクリームやハンドクリーム、冬はカイロといった感じでシーズンによって売れる商品が変わってきます。また地域によっても特性が若干異なるので、今この地域でどのような商品を売ればいいのかということを考えながら動ける、柔軟な思考回路を持った人材が求められます。日用品メーカーの求人情報は比較的コンスタントに出ていますが、決してどのような人材でも受け入れられているわけではないのです。どうすれば日用品メーカーに採用されるか、上記のような特徴をしっかり頭の中にいれて転職活動の戦略を練ることが大事です。

日用品メーカーの転職したらやりがいは大きい?

日用品メーカーに転職するにあたって履歴書に志望動機を作成する必要があります。この志望動機をどううまく作成できるかが、次の面接試験へのステップに進めるかどうかのポイントになります。よく履歴書に書かれているような志望動機をそのまま記載すると、ありきたりな志望動機になってしまって人事担当者の印象に残りません。その他大勢の書類に埋もれてしまって、特に人気の日用品メーカーの場合、書類選考すらクリアするのは難しいでしょう。日用品メーカーに転職するにあたって志望動機をどう作成するかですが、まずは日用品業界におけるやりがいを考えてみるのが良いです。

日用品メーカーへの転職を志すようになったのは、日用品メーカーの仕事を見てどこかに「この仕事をやってみたい」と思ったからではありませんか?もし特別やりがいを感じずに応募するのであれば、他にもいろいろな業種があるのでそれらと比較して、本当に日用品メーカーでないと転職先はいけないのか自問自答をすべきです。日用品メーカーに転職したいと思ったそもそものきっかけはどこにあったのか、これを確認してみましょう。

日用品メーカーへのやりがいに関しては、正解はありません。その人にとって「日用品メーカーで仕事をするのはこれがやりがい」と思ったのであれば、それでいいのです。ただし「なぜ日用品メーカーで働くにおいてその部分にやりがいを見出したのか?」という理由を説明して、相手が納得できるように志望動機を作成しましょう。新卒の学生が日用品メーカーに応募する際には、「自分の仕事で人々の生活に欠かせない商品を提供できるところ」とか「日常生活のクォリティを高めたいから」といった、私たちの日常生活に欠かせない商品を作るところにやりがいを見出している人が多いです。このように日用品メーカーに転職活動をする際には、「どうしてもこの業界で仕事をしてみたい」という思いを相手に伝えられるかどうかがポイントになります。

自分が作ったり販売したものをどこでも見かけられたりするというのも、日用品メーカーで仕事をするやりがいになるかもしれません。日用品は、ドラッグストアやスーパーなど身近なお店でいつでも見かけることができます。それを多くの人々が手に取っている光景を見れば、自分の仕事に対して誇りを持てるでしょうし、より一層自分の業務に対するやりがいを見いだせるでしょう。このようになぜ日用品メーカーで仕事をしたいのかを今一度見つめ直すことは、転職活動を成功させるために必要なことといえます。


Copyright (C) 2016-2018 日用品メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.